育成研修の概要

Outline

大学統計教員育成研修とは

「大学統計教員育成研修」とは、コンソーシアム中核機関・統計数理研究所が実施する2年間の研修です。育成対象者は、それぞれの専門学術領域において博士の学位を有するコンソーシアム参画機関・大学等の若手研究者です。

研修では、データ分析等の基礎となる統計学の領域において最先端の知識・技能と研究遂行能力を有し、大学院生等に対して統計学の講義や統計活用研究の指導を行うことのできる人材を育成します。

育成研修の基本的考え方

大学統計教員育成研修 基本的考え方

  1. 主たる目的は、大学統計教員の育成
    ~統計学者の育成ではなく、育成対象者の専門分野を尊重
  2. 修士課程学生に対する 4科目の講義を可能にする
    ~ 「基本的な統計学の講義」・「発展的な統計学の講義」・
      「専門分野と統計学が融合した講義」(2科目)
  3. 研修の基本は、講義体験の繰り返しと達成度の確認
    ~ 達成度WG(育成対象者・研修担当教員・メンター・副メンター等)
      により、各育成対象者の研修進捗状況・達成度を確認
  4. 育成対象者の研修計画・研究計画を、半年ごとに策定
    ~シニア教員は、全員で互いに協力して研修をサポート
  5. 大学教員育成の方法を開発する
    ~ 日本には、大学教員を育成するという発想がないのでは

育成研修の研修科目

育成研修の研修イメージ

達成度管理ワーキング・グループによる達成度管理シート

育成研修のスケジュール